・ オーガニックコットンとは?
3年間無農薬、無化学肥料の土地で栽培された綿花のこと。綿花の作付面積
は、全世界の農地面積の約5%に過ぎませんが、使用されている農薬は

全世界の10%、殺虫剤に至っては25%を占めると言われています。この多量の

農薬使用は、周辺の土壌汚染、水質汚染は勿論、農薬散布時の健康被害や、

汚染された水を摂取した内臓疾患など、多くの問題を引き起こしています。

一般的に、CONTROL UNIONやECOCERTなど世界的なオーガニック

認証団体があり、その認証を得たコットンをオーガニックコットンと呼んでいます。

・ プレオーガニックコットンとは?
オーガニックコットンへと移行する過渡期の土地で栽培された綿花のこと。
多量の農薬使用により苦しむコットン農家へ、オーガニックコットンの認定ま
でに必要な3年間の移行期間にかかる経済的負担を軽減することで、オーガ
ニックコットンの生産地が広がっていくことを目的とします。